top of page

ドイツサッカースクールのニシコーチ

 はじめまして。こんにちは!

 スタッフKです。

 私は、ボロンテの外部スタッフとして主にライティングを担当しています。といっても元社員なので、会社に行くと何がどこにあるかわかるし、時にはお菓子をつまんだり、コーヒーを淹れたり好き勝手に行動してひんしゅくを買っています。ほとんど社員同然です(笑)


 小4の息子がいるのですが、幼稚園の年中からサッカーをやってます。教室は、ボロンテが出版した『ニシコーチの子・育つサッカー 』の著者である西村岳生コーチのドイツサッカースクール です。最初はほんの体力づくりのつもりで始めたのに、いつしかよそのお子さんと我が子を比べるようになり、苦しい思いをしました。


 なにしろウチの子は、試合中チームに溶けこめず、つっ立ってボールを蹴りあう子どもたちを茫然と見ているだけだったからです。

 そんな息子にしびれを切らして、「どうしてボールを追わないの?」「もうやめたほうがいいんじゃないの?」などとひどいことを言ったことも(汗)


 でも、スクール当日になると、本人は「行く」「やりたい~」の一点張り。決して安くはない月謝を払っていたので、毎回イライラしながら息子を送り出していました。

 そんな時、ニシコーチの本が出ました。その中に「我慢するお父さん」というエッセイがあって、はっとさせられました。


 「やれ」と言ってしまうのが普通だ。子どもに自分の想いを押しつけないようにしているお父さんを立派だと思った。“お父さんの我慢”に敬意を表します。(本文より)



 その文章を読んでから、何も言わないように努力しました。というより、現地に着いたらすぐ車を出して、さっさと帰るようにしました。そして3年生になる頃には、自然とチームの中でガチガチ攻め込んでいる息子がいました。

 あのままイライラを募らせていたら、教室を辞めさせたばかりか、自立の芽を摘んでしまったかもしれません。

 子育てには「待つ」ということがとても大事。ニシコーチはそれを気づかせてくれました。


 子育てに悩んでいる人がいたら、この本をお勧めします。



※ボロンテの本は直接のご注文(ウェブでも受付)、書店でのご注文のほか、

一部のタイトルは上記amazonなどネット書店でもご注文いただけます!

最新記事

すべて表示

ワラビ狩り

前半の連休は、息子に誘われ夜な夜なマインクラフトに没頭していたSです(ゲームの話)。ダイヤモンドを求めてひたすら掘る。そんな地道な作業もわりと苦じゃない私です。 地道な作業といえば、父が畑を借りて趣味の野菜づくりをしておりまして、運動不足解消に時おり草取りや収穫を手伝うのですけど、夏の畑はわずかな放置であっという間に荒れるということを昨年、痛感しました。そんな話はまた別の機会にするとして……。 連

春がゆく~

昨日、長野市では長野マラソンが開催されました。私の住む町のすぐそばを約9000人のランナーが走りぬけて行きました。もう1週間早ければ、満開の桜を眺めながら走っていただけたのに…。少し残念に思いながらも、精いっぱい声援を送りました~ 川中島の戦いで有名な八幡原古戦場公園の桜

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page