top of page

ワラビ狩り

 前半の連休は、息子に誘われ夜な夜なマインクラフトに没頭していたSです(ゲームの話)。ダイヤモンドを求めてひたすら掘る。そんな地道な作業もわりと苦じゃない私です。


 地道な作業といえば、父が畑を借りて趣味の野菜づくりをしておりまして、運動不足解消に時おり草取りや収穫を手伝うのですけど、夏の畑はわずかな放置であっという間に荒れるということを昨年、痛感しました。そんな話はまた別の機会にするとして……。


 連休中、父が借りている畑の近くでワラビ狩りをさせてもらいました。山菜って、採るのが楽しいんですよねぇ。ポキリポキリと黙々と採る。で、いざ持ち帰って「これから下ごしらえか」と我に返ったときの脱力感……。食べたいから採るんですけどね。ちなみに、ワラビはおひたし(マヨ醤油)でいただくのが、わが家の定番です。



 うつむき加減で生えてきて、まっすぐ伸びていくワラビ。見分けやすいし、スンとした佇まいが好きですね。主張しすぎない味わいも。ワラビ狩りの最中、息子はおじい(マイ父)と “長さNO.1ワラビを見つけよう” 競争をしておりました。小学生、こういうこと全力でやりがち。結果はというと、どちらも約80cm(!)でイーブンに終わりました。平和で何よりです。

最新記事

すべて表示

春がゆく~

昨日、長野市では長野マラソンが開催されました。私の住む町のすぐそばを約9000人のランナーが走りぬけて行きました。もう1週間早ければ、満開の桜を眺めながら走っていただけたのに…。少し残念に思いながらも、精いっぱい声援を送りました~ 川中島の戦いで有名な八幡原古戦場公園の桜

「カラフルな魔女」観てきました~

『魔女の宅急便』の作者として有名な児童文学者、角野栄子さんのドキュメンタリー映画を観てきました。 何を隠そう私、宮崎駿監督のアニメ映画『魔女の宅急便』を観たこともなければ、角野栄子さんの作品を読んだこともなかったのですが、角野さんの大ファンである友だちが「とにかく見れば、よさがわかるから」というので権堂まで行ってまいりました~ タイトルにもある通り、カラフルなワンピースを身にまとい、個性的なメガネ

小さく始めてコツコツと。

仕事をしながら頭の片隅では常に息抜きのことを考えている、息抜き命のSです。今朝の通勤途中にふと見たら、街なかのサクラが見ごろになっていました。お花見、いいですよね。 さて、とある日の自宅でのこと。手持ちの積読(つんどく)本を数えてみたんです。軽くゾッとするほどの冊数がありました。これは読書欲というより、収集欲? デジタルデトックスがてら、少しずつ読み進めています。ちなみに、このごろいちばん読書がは

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page