八ヶ岳山麓の縄文遺跡を見てきました

 晴天に恵まれた文化の日、K一家は尖石縄文考古館に行ってきました。八ヶ岳山麓の縄文遺跡から出土した土器や石器など太古の造形を見学。国宝「縄文のビーナス」「仮面の女神」もありましたが、私はさまざまな文様が刻まれた土器に心惹かれました。蛇のようなものをかたどった模様、吊り手のついたもの、どれも非常に緻密なのですが、ものすごく力強いパワーがみなぎっていて、圧倒されて帰ってきました。


 母が趣味で陶芸をやっていましたが、「土をこねたり、手びねりで器を作るのはものすごく体力がいるし、腰がいたくなったり大変な作業なのよ」と言ってました。土器を見る限り、一人の人が一気に作り上げたようにも見え、どんなふうに作業していたのか興味を持ちました。


 おおまかな造形を作る人と細かな模様を作る人がいて分業で作ったのでしょうか。そういうアート集団みたいなグループがあったのでしょうか。何しろ遺跡からは、下手くそな土器や試作品のような小さな土器も見つかっているので、徒弟制度みたいなものもあった可能性もありそうですね。


 小学生の息子はすぐ飽きてしまい「早く、早く」と急かされ外へ出ると、竪穴住居がいくつか復元されていました。中に入ると、真っ暗。この中で焚火をして煮炊きをしていたようです。息子は気味悪がっていましたが、標高1000㍍の高原で縄文人は日々何を考えながら暮らしていたのか。興味は尽きません。



与助尾根遺跡の竪穴住居(復元)

 

最新記事

すべて表示

ごぶさたしております…スタッフSです。 小学生の息子の春休み、もう終わるのですが宿題が終わりません。この週末も連日一緒に頑張りましたが、終わりません(泣)。この見通しの甘さは親譲りか…申し訳ない、息子氏よ。 4月。新年度ですね。 当社はこれといって変化はありませんが、わが子が保育園に通っていたころ、あ~行政ってこういうものだよなぁ~と思ったのは、まさにこの年度切替でした。4月1日から進級してクラス

新年がスタートしましたが、皆様はどんな年末年始を過ごされましたか。 K家は息子の計画した南信州道の駅めぐりの旅に出かけました。 一泊二日で、飯島町、長谷村、大鹿村、平谷村、売木村、阿南町、下條村、豊丘村、飯田市遠山郷を回ってきました。なかでも、とくに興味をひかれたのは阿南町でした。 阿南町は、祭りや伝統芸能の宝庫として知られ、1月中旬に開催される新野の雪祭りはとくに有名です。道の駅「信州新野千石平

信州の冬。わが家の冬。今年もこの季節がやってきました。 先々週、父のつくったビタミン大根でたくわんを漬けまして、先週末は野沢菜を漬けました。私よりずっと小柄な母はこの重労働を何年も続けていたのか……と心底ありがたみを痛感しつつ、今年もヒィヒィいいながら。 たくわんはまぁよしとして、問題は野沢菜で、かさばるから洗うのがまずたいへん! しかし食卓にないと寂しいし、母の味を忘れぬうちに……というか、ただ