top of page

期日前投票

 コロナ下での選挙ということもあり、期日前投票に行ってきました。投票所に行くと、同じ考えの人が多いようで、人、人、人で、けっこう密な感じでしたヨ。でも、アルコール消毒などもたくさん設置されていて、安心して投票できました。


 若い頃はめったに投票には行かなかったけれど、結婚したら相方が「投票しないなら、政治を語るな、批判するな」という人だったので、自然と行くようになりました。


 今年は婦人参政権(←今は女性参政権と言うそうです)初行使から75周年という区切りの年だそうで、そういえば明治生まれの祖母が「婦人参政権を取るのは苦労したのよ。だから選挙は絶対行く」と言っていたのを思い出しました。


 ちょっと調べてみたら、第一次世界大戦後に平塚らいてうや市川房枝が新婦人協会を立ち上げて、女性たちが参政権獲得に向けて動き始めたらしいです。明治初期にも、戸主なのに女性だからという理由で選挙権がないのはおかしいと政府に訴え出た人たちもいたそうですが、組織だって活動が始まったのは大正時代になってからのようです。

 でも、女性に参政権が認められて女性の国会議員が選出されたのは戦後になってから。昭和21(1946)年です。これって、私が生まれる10数年前のこと。意外に歴史が浅いんですよね。


 大切な一票を投じて外に出ると、若い男性と女性が駆け寄ってきました。「何?」と立ち止まったら、男性の方が「出口調査いいですか?」と…。思わず「はい」と返事をしてしまって、アンケートに答えてきました。けっこう重視したことは何かとか突っ込んだ質問もあり、きちんと考えを整理してから選挙に行かないといけないなあと思いました。


 生まれて初めての期日前投票と出口調査、今日はよい経験になりました。

最新記事

すべて表示

小さく始めてコツコツと。

仕事をしながら頭の片隅では常に息抜きのことを考えている、息抜き命のSです。今朝の通勤途中にふと見たら、街なかのサクラが見ごろになっていました。お花見、いいですよね。 さて、とある日の自宅でのこと。手持ちの積読(つんどく)本を数えてみたんです。軽くゾッとするほどの冊数がありました。これは読書欲というより、収集欲? デジタルデトックスがてら、少しずつ読み進めています。ちなみに、このごろいちばん読書がは

普通列車の旅ー甲府へ

1か月前、小学6年生の息子と甲府まで普通列車で旅してきました。 最近、息子が私たち親に黙って列車に乗り、一人で松本や上田、柏崎、魚津などへ出かけていることを知りました。 学区外に親の許可なく出かけることは禁じられているのに…。でも、どうしても外の世界が見て見たかったのだそう。 松本へ行った時は、帰りの電車を間違えたばかりか寝込んでしまって、木曽福島で気づいて慌てて下車。駅員さんに事情を話したら、い

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page