top of page

稲刈りを待つ田んぼ

 ウチの外は田んぼが広がっている。いつも田園風景を見ては一服して、そしてまた仕事をしている。こちらは田植えが遅くて、6月の梅雨に入ろうとする頃、苗を植えている。

 夏は青々とした田んぼが広がり、秋は黄金色の稲穂が頭を垂れる。冬は、ハヤブサが狩りをする瞬間を見てものすごく興奮した経験もある。


 私はこの田んぼが大好き!


稲が横倒しになった田んぼ


 しかし、いかに田植えが遅いとはいえ、まだ稲刈りが終わってないのは異常じゃないのか。

もう10月も下旬。来週は11月だ。霜にあたるとおいしくなるということなのか。そんなこと聞いたことないけど。


 稲は横倒しになって、たくさんのスズメが米をついばみに来ている。早くしないと、お米がなくなってしまうのではないかと心配している。夏には毎日来ていた見回りの女性も来なくなった。もしかして、このまま耕作放棄されてしまうのか。


 最近は宅地に転用される農地も増えてきたし、この風景も見納めになってしまうのかしら。誰か早く稲刈りして~ 

お願いだから。



最新記事

すべて表示

小さく始めてコツコツと。

仕事をしながら頭の片隅では常に息抜きのことを考えている、息抜き命のSです。今朝の通勤途中にふと見たら、街なかのサクラが見ごろになっていました。お花見、いいですよね。 さて、とある日の自宅でのこと。手持ちの積読(つんどく)本を数えてみたんです。軽くゾッとするほどの冊数がありました。これは読書欲というより、収集欲? デジタルデトックスがてら、少しずつ読み進めています。ちなみに、このごろいちばん読書がは

普通列車の旅ー甲府へ

1か月前、小学6年生の息子と甲府まで普通列車で旅してきました。 最近、息子が私たち親に黙って列車に乗り、一人で松本や上田、柏崎、魚津などへ出かけていることを知りました。 学区外に親の許可なく出かけることは禁じられているのに…。でも、どうしても外の世界が見て見たかったのだそう。 松本へ行った時は、帰りの電車を間違えたばかりか寝込んでしまって、木曽福島で気づいて慌てて下車。駅員さんに事情を話したら、い

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page